大空を舞う大きな凧~相模の大凧文化保存会 凧作り作業に密着~

大空を舞う大きな凧~相模の大凧文化保存会 凧作り作業に密着~

相模の大凧まつり

※2022年5月4・5日に開催予定の「相模の大凧まつり」は新型コロナウィルスの影響により、中止となりました。

相模川の河川敷で日本一大きな凧が宙を舞う大イベントがあることをご存じですか?
そう! それが『の大凧まつり』です。

「相模の大凧まつり」が開催されるのは、毎年5月4日・5日の2日間
相模原市南区新磯の、新戸・上磯部・下磯部・勝坂4地区が制作する、それぞれ大きさの異なる凧が
相模川の河川敷の大空に舞い上がります。
大きな凧が、風を受け青空の下を舞う姿は圧巻ですよ!
例年、多くの方で賑わう伝統的なお祭りです。

大きな凧を揚げる歴史はとても古く、天保年間(1830年頃)から行われてきたと伝えられています。
男の子の誕生を祝って5月に凧を揚げていたことに由来し、次第に豊作祈願、
若者の意志や希望を表す地域の風習となっていったそうです。
「相模の大凧」に書かれる題字は、その時々の世相を反映した漢字2文字で、
右上は太陽の赤、左下は大地の緑を表す色を使って書きます。
現在では、国の無形文化財やかながわのまつり50選、相模原市無形文化財などにも選ばれており、
約200年近くもの間、市民に愛され受け継がれてきました

  • sagaminooodako_220421img01
  • sagaminooodako_220421img02
  • sagaminooodako_220421img03

新型コロナウィルスの影響で2020年、2021年と開催することが出来ませんでしたが、
2022年5月の開催に向け各地区で大凧づくりがスタートしています。
2022年5月の「相模の大凧まつり」当日まで、どのような作業をし、どのように大凧が作られていくのか、
上磯部地区の制作工程を取材させていただけることになりました。
竹の伐採から凧作りの技術・作業、受け継がれていく伝統をみなさんにお伝えできればと思います。
大凧が作られていく過程を見れば、お祭り当日は感動すること間違いなし!!
毎週行う作業を出来るだけリアルタイムで配信させていただきますので、ぜひお楽しみに。

大凧まつり中止の決定により、今年の制作作業は終了となりました。
来年の大凧まつりに向け作業が開始しましたら、密着取材を再開し、その様子をお伝えしていきたいと思っております。(予定)