大盛り上がりの祭典『本牧元気フェス2022』開催されました!

2022年4月17日(日)
横浜市本牧にある、神奈川を代表する日本庭園「三溪園」にて健康とカルチャーで繋がるイベント『本牧元気フェス』が開催されました。国指定名勝庭園内では、JAZZとアートを楽しむイベントを開催、本牧エリアの魅力を再発見するウォーキングイベントも同時開催されましたよ♪

異国情緒・歴史や本牧の街並みを感じる横浜ウォーキング
園内のフェス開催前にスタートするこちらは、地元本牧を拠点に活動するJ3サッカーチームの「Y.S.C.C.横浜」とのコラボイベント!石川町駅、港の見える丘公園をスタートし、三溪園を目指してウォーキングを楽しみます。小さいお子様から大人まで、総勢70名の方々にご参加いただきました。歩き始める前に、横浜市スポーツ協会の方からウォーキングの正しいフォームや注意事項等を聞いて、それぞれのコースからスタートします!

石川町駅よりスタートする“本牧街並みコース”は、出発してすぐに急な上り坂があり、小さなお子様と参加されていたご家族はびっくり!途中でリタイアもあるかも…と思っていましたが、お子様も楽しく歩いてゴールまで辿り着けました!

港の見える丘公園からスタートする“港を眺める丘コース”は、難所の丘に上がる階段の数々に参加された皆さん苦笑い。。入念な準備運動をし、水分補給も行ってスタート。こちらのコースも、最後まで楽しく歩くことができました。
ゴールの三溪園には、Y.S.C.C.横浜のマスコットキャラクターのハマピィが待っていてくれて皆さん大喜び♪ 当日は雨が降ってしまった時間もありましたが、ウォーキングフォームに気を付けながら街並みも楽しめる有意義なイベントとなりました!

自然を感じて形に残すプラバンアート体験
三溪園内で行っていた“プラバンアート体験”は、相模原市を拠点に活動されている「アーティスト 堀江和真さん」によるワークショップイベントです。三溪園の中で見つけた“素敵なモノ”をテーマにプラバンに絵を描き、小さなアート作品を作ります。ジモティビティでご応募いただいたお子様たちは、堀江さんと一緒に園内をめぐり“素敵なモノ”をスケッチ。その場で、モノの見方のアドバイスを堀江さんから受けていました。出来上がった作品たちは、どれも個性溢れる“素敵なモノ”となりました!(“プラバンアート体験”の詳しい内容は、【ジモティビティ 現地レポート】をご覧ください)

フリーで参加できるワークショップでは、多くの方々に参加いただきました!園内のお花や鳥など、かわいらしい作品が多かったです。

ワークショップ会場の横に、「一般社団法人カルチュラルライツ」が展開する“アートトラック(移動美術館)”の展示もありました。こちらには堀江さんの作品がたくさん展示されていて、通りがかる方たちが立ち止まってアート作品に魅了されていました。

三溪園がライブ会場に!? JAZZライブ、マーチングバンドで楽しもう♪
『本牧元気フェス』はウォーキングやアートイベントだけじゃないんです!
異国情緒漂う横浜はJAZZも有名!市内で活躍するJAZZアーティストによる園内ライブも開催されました。歴史的建造物で行われたJAZZ演奏は普段のJAZZと違って、とっても雰囲気がいい◎

地元中学校のマーチングバンド部による演奏や、「外山喜雄とデキシーセインツ」の“これぞJAZZ!”という演奏が会場を盛り上げてくれました!

プロのJAZZ奏者はアドリブ演奏にも対応してくれていたそうで、演目にはなかった地元中学生とのコラボ演奏も行ったそうです!これを聞けた人はラッキーですね♪

大人も子供もリズムに乗りながら、音色に酔いしれていました。

普段とは違った三溪園
アート体験やJAZZ演奏で普段とは違った「三溪園」となった一日。フェスを開催しているとは知らず来園されていたお客様も、とても楽しんでいましたよ。
今回初めて行った『本牧元気フェス』いかがでしたか?地元の方々で作り上げてきたイベントなので、三溪園のご来場が普段より多く開催側もびっくり!皆さんご来場いただきありがとうございました。次はどこで開催されるか未定ですが、次回開催される時はぜひ足を運んでみてくださいね。お楽しみに~♪