グルメ

〈 横浜 〉

上海料理人 孫 関義の隠れ家的レストラン『孫特家(そんとくや)』

横浜中華街・四五六菜館オーナーシェフである孫関義(そんかんぎ)氏。横浜中華街でテレビや各種メディアによく出ている料理人の一人です。こちらのお店『孫特家』は、”関義さんが別に作った隠れ的な上海料理レストラン”。(それぞれの文字をとって『孫特家』です!)

お店は2階建て。店内には、上海料理のレストランにしては珍しくワインのボトルがあちこちに。2階には大きなワイングラスの中にコルクがたくさん?一体なぜでしょう!?

孫特家のグランドメニューを見ると、上海料理のレストランにしては少し少なめ…?と感じるかもしれません。それは、グランドメニューの他にも予算や好みなどの要望に応じて隠れ家的なメニューも用意していただけるから。”お客様のご要望に寄り添いたい”という孫シェフの想いから、グランドメニューは絞りに絞ったラインナップにしているそうです。特別な記念日やお祝い事、大切な人へのおもてなしなどにピッタリですね!

あれもこれも美味しそうで欲張ってしまいそうなメニューから、炒飯・麺類は「孫チャーハン」!
たっぷりの牛肉とレタスのシャキシャキ食感、そこにニンニクチップの香りと食感が加わって絶妙な美味しさ!食材の旨味を感じられる優しい味わいで、この味をまた食べたい!とファンも多いはず。

マグマのようにグツグツ…!「孫麻婆豆腐」
ビジュアル最高〜!この見た目がさらに食欲をそそります!ゴロゴロ具材で食べ応えもあり、香辛料の香りが華やか〜。カシューナッツがまろやかさをプラスして、ご飯との相性抜群!食べ始めると止まりません!

特製シュウマイは、横浜中華街で大人気のシュウマイをさらにバージョンアップさせた超オススメの点心だそう!ぎゅっと旨味の詰まったシュウマイ。こちらもご飯が進みます〜!

グランドメニューには上海料理以外にも、牛肉と野菜の煮込みスープ「グラーシュ」とパプリカの豚ひき肉詰トマトソース煮込み「トルトット・パプリカ」という東欧料理のメニューが!この2つのメニューは、孫シェフの奥様であり料理研究家で東欧料理のシェフであるブーリャ・ダニエラさんが腕をふるってくださいます!
お店にあるワインはルーマニアのワインで、東欧料理との相性がバッチリなんだそうです。なるほど〜!上海料理のレストランにワインがあったのはそういう理由からだったのですね!

孫シェフとお話ししてみると、上海料理の美味しさをもっと知ってもらいたい、広めたいという想いが伝わってきて、お話しもとても面白かったです!
中国4800年の歴史を持つ、味・香り・彩の3拍子が揃った優良な上海料理。伝統の味を大切にしながら新しさを融合させた上海料理は、”ヌーヴェル・シノア”という新しい上海料理のスタイルとして定着しています。孫シェフは、このヌーヴェル・シノアを普及させるべく活動もしていらっしゃいます。
隠れ家のような落ち着く雰囲気の中で本場の上海料理・東欧料理をぜひ一度ご賞味ください!

〒232-0052
神奈川県横浜市南区井土ヶ谷中町4
京浜急行線「井土ヶ谷駅」より徒歩約6分
045-515-4210
11:30〜15:00/17:00〜22:00
木曜定休、年末年始など(詳しくはHP、またはお問合せください)
なし(近隣のコインパーキングをご利用ください)
http://sontokuya.com/
貸切り 可(2F 15名様以上、立食等最大40名様※要相談)
現在の営業時間は以下の通りです(2021年1月)
11:30~15:00/17:00~20:00(L.O.19:30)※アルコール類の提供は19:00まで

Google マップの「拡大地図を表示」をクリックでルート検索ができます。