グルメ

観光・カルチャー

〈 相模原 〉

人気の「丹沢あんぱん」と学校給食を思い出す懐かしい味『オギノパン』

相模原市にある『オギノパン』は、老若男女問わず人気の本社工場直売のパン屋さん。お昼頃には、パンを求めるお客さんが店内から溢れてしまうほどの人気ぶりです!広い駐車場がほぼ満車で次々と車が出入りしています!

直売店限定のパンやお買い得のパン詰め合わせなど、本社工場直売店でしか買えないメニューは必見!皆さん、トレーが山盛りになるほど大量に購入していてビックリしました〜

オギノパンの一番人気のパンは、「丹沢あんぱん」。
あんは、つぶ、こしだけでなく、くりや紫いも、かぼちゃ、玉露…定番のものと季節限定のものなど常時8〜10種類のラインナップが揃っています!今回いただいたあんぱんは3種、胡麻とみるくと紫いもです。

胡麻あんぱんは、濃厚な胡麻の香りがあんことの相性バッチリ!みるくあんぱんは、あんこが苦手な方やお子様も美味しく食べられそうな、どこか懐かしくホッとするような優しい味わいです。紫いもあんぱんは、鮮やかな紫色がとてもキレイで、フワッと香る紫いもの香りが重くなくさらっと食べられちゃいます。
オギノパンが立地する丹沢山系にちなんで作られたということで、山のようにこんもりと盛り上がった形をしています。小ぶりですが、中にはあんがぎっしり詰まっています!

薄いパン生地の皮が和菓子のように繊細な仕事だなぁと思ったら、こちらのあんぱんは職人さんが一つ一つ手包みしているのだそうです!国内産のこだわりの麦を使った薄い皮は機械で生地を伸ばして包むと破れてしまうため、手間とコストがかかっても、あえて、手包みにこだわっている、ということです。一つ一つ丁寧に作られていて、その愛くるしい形から職人さんの温かさが伝わてきます。

学校給食でも大人気のメニューと言えば「あげぱん」。本社工場直売店では、揚げたてが食べられるのです!オギノパンでは揚げたてにこだわっているので、フライヤー(揚げ器)のない店舗では販売していないそう。あげぱんの他にも、こしあんが入った「あんドーナツ」やオギノパンオリジナルカレーを使った「カレーパン」もあります!
店頭に並ぶとあっという間に完売してしまうほどの人気商品。ぜひ揚げたてをアツアツのうちにどうぞ!

店長さんのオススメは、「牧場のジャージークリームパン」。
デニッシュ風の生地に濃厚なクリームがたっぷり詰まっている、優しい甘さがちょうどいい一品です。

お買い得のパン詰め合わせは、袋にパンがたくさん入っています!

本社工場では、学校給食・店舗販売のために製造ラインで毎日パンを作っており、工場見学通路から自由にパンを作っている様子を見学することができます。特に午前中は製造量が多いので、コンベアに並ぶコッペパンなど圧巻の風景を見ることができるのだそうです!気軽に工場見学、楽しいですよね〜

ご自宅でパンを焼くことができるようになる大人向けのパン教室と、出来上がった生地に好きな材料を加えたり好きな形に成形して焼き上げる子ども向けのパン教室も開催しています!詳しくはHPをご覧ください(現在(2021年5月)新型コロナウイルス感染症予防のため休止中)

直売店の店内には、懐かしい学校の机が使用されていて、上の写真のランドセルもどこかにかかっています!訪れた際には探してみてくださいね。

〒252-0154
神奈川県相模原市緑区長竹2841
小田急小田原線「本厚木駅」よりバス「川北」下車、徒歩約20分
042-780-8121
042-780-8122
9:30~18:30(11月~翌2月は17:30閉店)
https://ogino-pan.com/
【店舗一覧】
本社工場直売店
厚木店
相鉄横浜店
ミウィ橋本店
妻田店
ビバホーム厚木店
オギノパン カフェ 橋本店

期間限定でイベント販売(大船駅や藤沢駅など)も行っています
https://ogino-pan.com/event/
☆イベント販売のお店では、14時〜に行くと、朝に焼いたパンを食べることができるので狙い目!

Google マップの「拡大地図を表示」をクリックでルート検索ができます。

〈 近くのトヨタのお店 〉

トイレや携帯の充電・WiFiスポットとしてご自由にお立ち寄りください