履きやすさ抜群!育てるビーチサンダル。葉山に来たら『げんべい商店』でお買い物を♪

○の中の”げ”がトレードマーク!
葉山・逗子を始め、今や全国に多くの愛用者がいる『げんべい商店』のビーチサンダル。”げんべいサンダル”といえば聞き覚えのある方が多いのではないでのでしょうか?

誰もが知ってるビーチサンダル。その”ビーチサンダル”を日本で初めて販売したのがここ『げんべい商店』なんです!夏の普段使いはもちろん、海に行く時には欠かせない必須アイテムですよね。だけど、ビーチサンダルは足が痛くなるんだよなあ、そんな印象をお持ちの方に朗報!

『げんべい商店』のビーチサンダルは、鼻緒と​ソールに天然ゴムを使っているので、スレや締めで足が痛くなりにくいんです。ソールがかかとより、つま先の高さが低くなっていることで、スムーズな体重移動をサポートしてくれるんだとか!さらに、ソールは履けば履くほど足の形に沿ってへこむため、どんどんフィットするビーチサンダルに育つんだそうですよ。

長い時間履いていると、どうしても鼻緒の部分が痛くなるイメージがあったのですが、夢の快適なビーチサンダルライフが送れそうですね!「ビーチサンダル=足が痛くなる」は、『げんべい商店』のビーチサンダルで払拭!

そして『げんべい商店』ビーチサンダルの魅力といえば、豊富すぎるカラーバリエーション。ご覧ください!この壁一面にみっちり埋め尽くされたサンダルたちを!

鼻緒とソールでぞれぞれ別の色が選べるので、その組み合わせはなんと100パターン以上!一足一足違うので何時間も迷って購入するお客さまも少なくないんだとか…そうなりますよね笑。なんと約6,000足以上はあるそうです!多すぎ〜!!色違いで集めたくなっちゃいますよね。

サンダルといえば「ギョサン」こと”漁業サンダル”も人気商品です!芸能人やYouTuberにもファンが多く、水に濡れても滑りにくく丈夫!そのタフさは漁師さんが認めるほど。

店内にはサンダル以外にもTシャツやトレーナーなどの衣類も売ってるんです。しかもカラフルで絵柄もサイズも豊富!

種類がありすぎて、これまた物色するのに時間がかかりそうです。それに、トートバッグやキーホルダーなどの小物類からペット用のTシャツなんかもあるので、全身げんべいコーデが出来ちゃいます。ご家族とはもちろん、愛犬とお揃いで購入してみてはいかがでしょうか?

『げんべい商店』は、江戸文久三年(1863年)頃に足袋屋として創業。明治に入ると足袋離れが進んだため、よろず屋へと形を変え、1950年代にビーチサンダルの販売を開始し現在の形になりました。葉山で営業を開始して約150年以上。葉山・逗子に根差した『げんべい商店』は地域のお祭りの法被の作成なんかも行なっているんですよ〜!

店内のいたるところでは、日用品も販売中です。さすがよろず屋!靴下や肌着などの衣類はもちろん、ゴミ袋や絨毯、バーベキュー用の木炭など、驚くほどたくさんの商品が販売されています。

お店の方も何があるか把握しきれていないらしいです笑。”あれがない!”と困った時は『げんべい商店』に来れば、きっとお求めのものが購入できるはず!

お店の一角に、お子様向けのおもちゃがたくさん集まっているコーナーを発見しましたよ!

お子様が遊んでいる間に、ゆっくりお買い物を楽しんで頂けるのはもちろんなのですが、気に入ったおもちゃがあれば、持っているおもちゃと交換していいんだそうです。物々交換方式ですね!!

子どもが持っているおもちゃに飽きちゃった…そんな時は『げんべい商店』でおもちゃ交換しちゃいましょう!

商品を色々と物色していたのですが、気づくと思った以上に時間が経っていてびっくり!理想のサンダルを探しも、お気に入りのTシャツを探すのも、なんだか宝探しをしているようですごく楽しいのです!

近くにお住いの方はもちろん、観光や散歩で周辺にいらした際は、一度『げんべい商店』へ足を運んでみてください!どんどん”○げマーク”の虜になるはず!

『げんべい商店』のオンラインショップでは期間限定商品や、売り切れ御免のレア商品も販売中!

Instagramもぜひチェックしてみてくださいね〜!

〒240-0111 神奈川県三浦郡葉山町一色1464
JR横須賀線「逗子駅」から山手廻り葉山行きバス「葉山小学校前」下車
046-875-7213
046-875-6299
10:00〜18:00
月曜日定休
あり
https://www.genbei.com/

Google マップの「拡大地図を表示」をクリックでルート検索ができます。

〈 近くのトヨタのお店 〉

トイレや携帯の充電・WiFiスポットとしてご自由にお立ち寄りください