グルメ

〈 小田原・箱根 〉

地元の農産物や子どもの夢とコラボ!ハード系のパンが美味しい『ベーカリー ASRUN』

黄色い屋根が目印のパン屋さん『ASRUN』。鮮やかな黄色が目をひきますね!

店内は白と木製の家具で統一されてとってもオシャレ!オープンキッチンになっているので、パンを作っているところも見ることができるんです!コロコロとしたラスクも美味しそう〜

ズラッと並んだパンのラインナップは、ハード系が充実しています。ハード系のパンって、噛めば噛むほどに味わい深いのが美味しいんですよね。

ASRUNスタッフのオススメのパンと言うのが、上の写真の真ん中ほどにある「ごぼうフランス」。中にはごぼうサラダがたっぷり!ハード系のしっかりとしたパン生地とごぼうサラダのシャキシャキ食感も一度食べたらハマってしまいますよ。

ASRUNでは、地元とコラボした面白いパンがあるんです!

こちらの「開成弥一芋 もちもちパン」は、吉田島高校の生徒が授業の一環で育てた「弥一芋(里芋)」を使ったパン!「弥一芋」は、2020年に開成町ブランドにも認定されている里芋です。里芋のデンプンの働きによってもちもち食感になっているのだそうです。。これは見つけたら食べてみなくては!

そしてこちらも地元とコラボしたパンです!
「サクサクパイナップル」は、開成小学校の生徒が描いた絵を元に商品化したもの!男の子が描いた絵を実際のデニッシュへ同じように作り上げ、絵を描いた本人が試食、合格がでたので店頭で販売されているのだそうです。自分の思い描いたパンが実物となって販売されているなんて、夢のようなお話ですよね!
デニッシュ生地はとてもパリパリサクサク!中のカスタードクリームととても甘いパイナップルがデニッシュ生地と相性ばっちりでした◎

こちらは「チョコ棒」。
チョコパンには珍しいハード系のパン。食べ応え抜群のパンにチョコレートがこれでもかとたっぷり練りこまれています!おやつの時間にピッタリな大満足の一品です。

そして、同じ開成町にある築300年の茅葺きの古民家「瀬戸屋敷」内のcafé haccoでは、ASRUNのスコーンを食べることができますよ!ちなみに、「チョコ棒」はcafé haccoスタッフさんのオススメです!

ASRUNでは、弥一芋の他にも、春には苺や新玉ねぎ、冬には柚子やみかんなど、開成町や近隣の秦野市などで採れた旬の美味しい食材を使ったパンを作っています。新しい旬の味に出会えるワクワク感と定番の味の安心感が、訪れる度に大きくなっていきそうです。
皆さんもぜひ、旬の食材の美味しさと味わい深いパンのハーモニーを楽しんでくださいね!

〒258-0026
神奈川県足柄上郡開成町延沢854
小田急小田原線「開成駅」より徒歩約20分
0465-46-8452
9:00〜17:00
水・木曜定休
あり(店舗後ろ側3台)
https://www.facebook.com/%E3%83%99%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%A2%E3%82%B9%E3%83%A9%E3%83%B3-1500824773527864/

Google マップの「拡大地図を表示」をクリックでルート検索ができます。