観光・カルチャー

〈 横須賀 〉

恋愛成就・女子力アップのパワースポット『走水神社』


走水神社(はしりみずじんじゃ)は、12代景行天皇の皇子である日本武尊(やまとたけるのみこと)とその妃である弟橘媛命(おとたちばなひめのみこと)を祭神として祀っている神社です。『古事記』や『日本書紀』にもその由来が記載されているほどです。

走水神社に祀られている弟橘媛命(おとたちばなひめのみこと)は、日本武尊(やまとたけるのみこと)が上総国へ向かう道中に同行している際、荒れ狂う海に自らの身を投げて海を静めたといわれています。

弟橘媛命(おとたちばなひめのみこと)の日本武尊(やまとたけるのみこと)への深い愛情と強い信頼感から、走水神社は恋愛成就・女子力アップのパワースポットとしても有名です。

本殿の他にも、別宮や稲荷神社、三社(神明社・諏訪神社・須賀神社)と包丁塚や祈念碑、河童が祀られている水神社などありますので、神話や歴史を感じながら境内を巡ってみましょう!

〒239-0811
神奈川県横須賀市走水2-12-5
046-844-4122
社務所は9:00〜15:00(参拝は終日可能)
http://www12.plala.or.jp/hasirimizujinjya/

Google マップの「拡大地図を表示」をクリックでルート検索ができます。