暮らし・公園

グルメ

〈 海老名・厚木 〉

ファン多数!知る人ぞ知る。厚木の絶品手づくり味噌『いかりみそ 本店』

本厚木駅からバスに乗って「下依知(しもえち)入口」で下車して、少し歩いた住宅街に知る人ぞ知る「絶品の味噌」が購入できる、『いかりみそ本店』さん。営業中と書かれたオリジナルの看板が目印です。

1728年に味噌作りの名人だった”碇 三十之助さん”が開業し、現在は3代目の碇哲也さん(てっちゃん)が伝統の味と工法を受け継いでいます。碇さんの作り出す味噌にはファンが多く、広告は一切していないにも関わらず『いかりみそ』の味を求めて、度々お客さんが訪れます。

もともとご自宅の物置だったという小さな工房。特別に中へ案内してもらいました。

中に入ると麹の優しい香りがふわ~っと漂ってきます。ずっと嗅いでいたい、とても良い香り。大きな樽があったり、味噌作りに使う道具が並んだ光景も、手作りの温かさが感じられて、なんだかホッとする空間でした。

『いかりみそ本店』さんでは時期によって品揃えは異なりますが、「米・麦・玄米」の3種類の味噌を始め、麹、甘酒、季節限定で梅干しなどを販売しています。

また、ご自宅で簡単に味噌づくりを楽しむことができる「手つくり味噌セット」も販売。麹・乾燥大豆・塩が入ったセットで、味噌作りに興味がある方は是非購入してみてはいかがでしょうか?味噌つくり講座も出張で開催しているので、こちらも合わせてご利用くださいね。

とっても気さくな碇さん、どうぞどうぞ座ってください!と玄関先のくつろぎスペースへ案内していただき、お味噌と一緒にお茶までお出しいただきました。

そうそう、このギフトボックスは碇さんの似顔絵なのですが、そっくりですよ!

今回頂いたのは、米みそ、米みそ3年熟成、麦みその3種類

まずは、「米みそ」から紹介!
米こうじを贅沢に使った米みそ、上品かつまろやかでな味わいで、一番馴染みのあるバランスの良いお味噌です。おだしと合わせれば、お味噌汁にぴったりです。

続いて「米みそ3年熟成」
その名の通り、米みそを3年間熟成させてできたお味噌で、米味噌と比べると色も味も全然違います!味がギュッと凝縮されていて、ひとクセ効いた味わい。そのままお酒のお供として頂くのもよし、砂糖を少し加えて野菜と炒めればあっという間に絶品野菜炒めの完成です。

そして「麦みそ」
麦の芳醇な香りを楽しめる甘めの味わいで、米みそと違った香りを楽しめます。こちらもお酒のお供にはもちろん、きゅうりなどの野菜スティックにつけるのもオススメです。

玄米のコクと旨みをゆっくりと引き出した“玄米みそ”や、お料理をさらに美味しくする“塩麹”もぜひお試しください!

碇さんの人柄も、工房の雰囲気も全てが温かく、優しく穏やかな空気の中、生み出される『いかりみそ』。
スーパーなどで購入できる味噌とは香りや舌触りがまるで違いますので、騙されたと思って、ぜひ一度お試しください!

〒243-0806
神奈川県厚木市下依知3-23-32
●お車の場合
本厚木駅から相模原方面に向かって約15分

●バスをご利用の場合
本厚木駅「厚木バスセンター」から「下依知(しもえち)入口」で降り、徒歩約12分
海老名駅西口から「追分」で降り、徒歩約11分
046-245-7831
不定休
あり

Google マップの「拡大地図を表示」をクリックでルート検索ができます。