グルメ

〈 湘南 〉

美しいデザインと本格イタリアンを堪能しながら、ゆったりとした時間を『Santillo Cicli & caffe The Garage』

大船駅から湘南モノレールに乗り、緑の風景の中を3駅。ゆったりとした時間を感じる鎌倉市常磐に、デザイナーでもあるイタリア人オーナーが運営する“サイクルカフェ”があります。自転車好きな方はもちろん、カフェとしても絶品のイタリア料理がいただけるこちらのお店は、多くのお客様の憩いの場となっています。

オーナーさんは工業デザイナー

こちらのカフェのオーナーであるサンティッロ フランチェスコさんは、イタリアの工業デザイン専門学校を首席で卒業し、イタリアの名だたるデザイン事務所を経験されて、ドイツの自動車メーカーにも所属。日本へは、トヨタ自動車でデザイナーをするために来日されました。

当時、生活をしていた名古屋の夏は気温も湿度も高い…とても苦労され、当初は2年でイタリアに帰ろうと思っていたとか。しかし、その後に奥さまと出会い、日本で生活を続けることになったそうです。

いつか独立したデザイナーになりたいと思っていたオーナーさんは、2007年5月に『株式会社 ネプチューンデザイン』を設立して独立。三輪車から証明写真機BOX・医療機器まで、幅広いデザインをされています。

さらには、“自分のデザインで製品を作りたい”という強い想いで、2019年に自らの自転車ブランド『Santillo Cicli(サンティッロ チクリ)』を立ち上げました。

素人目から見てもカッコイイと感じる個性的なフレームは、地球上で最も速くて美しい動物 チーターから発想を得たそう。まだブランド立ち上げから日は浅いのですが、多くの自転車好きを魅了しているそうです。

バイク(自転車)とカフェ・バルが一体となったお店

元々、デザイン事務所は横浜の馬車道にありましたが、オーナーさんのふるさとであるイタリアのような海岸線と風、家と職場の往復だけではないスローなライフスタイルに魅了されて、鎌倉へ事務所を移転されました。(鎌倉への移転当初は、現在の場所とは違う場所だったようです)
オーナーさんの自転車ブランド『Santillo Cicli(サンティッロ チクリ)』のショールームを計画するにあたり、イタリアでは当たり前だった、自転車とハイクオリティなイタリア料理を出すカフェが融合した“サイクルカフェ”にすることに。魅了された鎌倉の地にお店をオープンし、同じビルの上階に『ネプチューンデザイン』の事務所も移転しました。こちらのお店には、イタリア南部ご出身のオーナーさんの“日本の人にもおしゃべりをしながらゆったりとした時間を過ごして欲しい!”という想いも込められているそうです。


オーナーのサンティッロ フランチェスコさん

そのような想いもあって、こちらのお店は、オーナーさんご夫妻を中心にゆったりとした楽しい時間が流れています。サークルイベントの会場となったり、オーナーさんの愛するイタリアのバイクメーカー『DUCATI(ドゥカティ)』のオフィシャルファンクラブの会合も行われたりと、今では様々な人が集う場所になっています。

おすすめのメニューをご紹介

「オリーブとドライトマト、アンチョビのフォカッチャ」
朝食(〜10:00)に食べられる軽食メニュー。アンチョビやオリーブ、ドライトマトの入った具沢山フォカッチャは、とても大きく食べ応え抜群!アンチョビの程よい塩気にドライトマトがいいアクセント。表面のチーズも香ばしく、食欲をそそります。

「チーズの盛り合わせ」
北海道産の牛乳をたっぷり使ったナチュラルチーズ2種の盛り合わせ。チーズのコクと旨味の後にピリッと辛さが来る唐辛子のチーズ(左側)と、お酒のおつまみにもぴったりな大きめのブラックペッパーの入ったチーズ(右側)です。中央のスプーンに盛られた赤いもの…気になりますよね?こちらは「唐辛子のジャム」!ジャムなので先に来るのは甘さなのですが、時間が経つにつれ辛さが際立ってくる…何とも不思議な感覚でした。日本ではあまり見かけることはありませんが、チーズに少しずつ付けて食べるのがおすすめです。是非、味わってみてください!

「クロスティーニ」
南イタリアで作られるスパイシーなペースト状のソーセージである「ンドゥイア」と北海道産のチーズ「カチョカバロ」のクロスティーニ(トーストにペーストや野菜などをのせたイタリア料理定番の前菜)。とろんとしたクリーミーなチーズとスパイシーなンドゥイアのバランスが絶妙です!オーナーの奥さま自家製のパンもカリッと香ばしくて美味しい。

「ブルスケッタ」
しらすの唐辛子漬け「ロザマリーナ」がたっぷりのったブルスケッタ(トーストにニンニクをこすりつけ、オイルをたっぷりしみこませたパン)。しらすの程よい塩味と唐辛子の辛さがお酒のおつまみにもピッタリ。お酒が進んでしまう前菜。(辛味が苦手な方は要注意!)

「スカレオータ」
オーナーさんご出身のイタリア南部では定番だというこちらのパスタ。モッチリとした歯ごたえが特徴の太めの全粒粉パスタ(2.3mm)に、アンチョビとパン粉のみというとてもシンプルな料理です。オーナーさん曰く“貧乏パスタ”!アンチョビの塩味がしっかりときいていて、パン粉の食感がいいアクセントになっていました。

「サルシッチャソースパスタ(マファルディーネ)」
初めて出会った、両端が波打った「マファルディーネ」というパスタ。女性の髪形(パーマヘア)や洋服のフリルをイメージして作られたものだそうですよ。モチモチとした歯ごたえでラザニアのようなイメージ。フリルの部分にサルシッチャ(イタリアの生ソーセージ)ソースがたっぷり絡んで美味しい!

「チーズソースパスタ(ピぺ)」
こちらのパスタは「ピペ」というショートパスタを使用したもの。ピぺは貝殻の形にも見えますが、パイプタバコの先端の形を模しているそうです。贅沢に4種の北海道産チーズを使った濃厚チーズソースが、パスタの空洞部分にたっぷりと…!

自転車好きな方も、本格的なイタリアンを召し上がりたい方も、ゆったりとした空間の中で楽しい時間を過ごすことのできるとても素敵な『Santillo Cicli & caffe The Garage』に、ぜひ足を運んでみてくださいね。

〒248-0022
神奈川県鎌倉市常盤42−1
湘南モノレール「湘南深沢駅」より徒歩4分
0467−67−1515
9:00〜22:00(L.O.21:00)
木曜日
なし
https://www.santillocicli.com/
https://www.instagram.com/santillocicli/
https://www.facebook.com/santillocicli/

Google マップの「拡大地図を表示」をクリックでルート検索ができます。