暮らし・公園

〈 川崎 〉

田舎暮らしがしたい人必見!! 都会で田舎体験『トカイナカヴィレッジ 松本傳左衛門農園』

「都会から抜け出して、田舎暮らしがしたい!」なんて考えたことありませんか?でも、今すぐ田舎へ引越しは出来ないし、ちょっとハードルも高い。でもやっぱり田舎生活への憧れが捨てきれない皆さんに朗報です!憧れの田舎生活を、川崎で気軽に体感できちゃいます!!

その名も都会と田舎を掛け合わせた体験型の仮想集落『トカイナカヴィレッジ 松本傳左衛門農園』
渋谷駅から13km。少し電車や車を運転すれば、あっという間に到着する川崎の真ん中に、大自然「生田緑地」が広がっています。この緑地に隣接する『トカイナカヴィレッジ』は、なんと広さは約16,000平方メートル。ビルや道路などが見えないくらいに青々とした木々に囲われ、中央には季節に合わせた様々な野菜が実をつける広大な畑、ゆったりと景色と風を楽しむツリーハウス、疲れた体をじんわりと温める五右衛門風呂と、田舎のいいところだけを詰め込んだような、夢の場所です。

自然をもっと楽しんでもらいたい!という、この土地の地主であり現村長の松本穣さんの願いが形となり生まれました。土地の開発が進み農地が減り、昔のような地域や人との繋がり方が形を変え減りつつある現代で、子どもたちに、社会で働く大人たちに、おじいちゃんおばあちゃんに、人と繋がる温かみや自然と触れ合う楽しみを感じて欲しい。そして地域を、もっと川崎を盛り上げたい。そんなたくさんの地域愛と想いが『トカイナカヴィレッジ』の誕生に込められています。

『トカイナカヴィレッジ』では、農業体験はもちろん、焚き火やキャンプまで自然を満喫できるイベントが盛りだくさん。例えば、代々松本家に伝わる秘密のレシピを使った『農家めし』弁当でピクニック。どれも素材の美味しさが際立つように工夫されているレシピばかりで、嫌いだった野菜が農家めしレシピで作られた料理なら食べられたなんてお子さんも多いのだとか。

季節の食材を一番美味しい時に収穫して、素材をより美味しくするレシピで調理して、自然の中でゆっくり味わう。最高に贅沢だと思いませんか?文字に起こせばシンプルな行動でも、なかなか体験できることではないと思います。畑でトウモロコシや、きゅうりをもぎ取ってその場でかぶりつく。そんなこともなかなかできませんよね!

子どもと一緒に自然を楽しみたい、孫にいいところを見せたい。一人でゆっくり楽しみたい。将来の田舎暮らしために勉強をしたい。気軽に田舎を体験でき、人と自然と地域との「繋がり」を実感できる素敵な空間『トカイナカヴィレッジ』へ、ぜひ一度行ってみてください。必ずまた来たくなる温かい村人が出迎えてくれますよ。

『トカイナカヴィレッジ』にはポニーとヤギも暮らしています。

カメラ目線いただきました笑

人懐っこくてとても可愛らしいので、この子たちにもぜひ会いに行ってくださいね!

『トカイナカヴィレッジ』は事前予約制なので、詳しくはHPをご覧ください。
http://tokainaka.farm/

〒214-0031
神奈川県 川崎市多摩区東生田4-1-6
小田急線/『向ヶ丘遊園駅』から川崎市営バス(溝19溝の口南口行バス)で『おし沼』下車徒歩5分
JRまたは東急『溝の口駅』から東急バス(た89 たまプラーザ行)『おし沼』下車 徒歩5分


なし(隣接する生田緑地東口コインパーキング等をご利用下さい)
http://tokainaka.farm/
https://www.facebook.com/tokainaka.village/

Google マップの「拡大地図を表示」をクリックでルート検索ができます。